好意 サイン 態度

好意を持たれているサインと態度【男性別、女性別】

スポンサーリンク

どうもはじめまして!
こんにちは!
このサイトを運営するしておるものです。
この度は「好意を持たれているサインと態度【男性別、女性別】」の当サイトにお越しいただき、またご興味をもっていただきまことにありがとうございますm(__)m
このサイトでは、タイトル通りの「好意がある場合の態度やサインなどについて」のお話をさまざまなシーンやターゲットに合わせてお話しさせていただきます。
まずは例です。
あなたは男性です。
クラスメートの女性がいます。
結構仲良くなったので、デートに誘ったらなんとOKをしてくれました。
そして、デート当日は非常に楽しい時間を過ごし、別れ際に軽く抱き合いました。
恐らくここまてで、ほとんどの男性は、「この女性は俺に気があるんだ。俺のこと好きでいてくれているんだ。」と思うはずです。
そして、そのように勝手に思ったあなたは、きっと次に約束したデートの日に告白しようしていますよね?
そして、なんの気もない相手の女性は「え?なんで告白してきたの?私のこと好きなの?え?なんで?いい友達だったのに!」と思っています。
そして、ライクとラブの違いを使い分ける女性として、あくまでも「ライク」の好きなので、当然断ります。

スポンサーリンク

そして、男性は「なんで?どうして?ぜったい俺のこと好きでしょ?なんで振られたの?」と思って失恋します。
この例は実は私の実例です。
私もはじめはかなりびっくりしました。
なぜこういう気まずい感じになってしまうのか?
このまま友達でいられなくなってしまうのか?
などなど。
辛い体験をしました。
この話からわかる通り、男性と女性では明らかに「好意があるサイン」の認識に違いがあります。
この差こそが、男女を苦しめてしまう原因にもなっております。
そこで、このような原因を突き詰めていき、なぜ?このようになってしまったのか?
なぜ?私は勘違いしてしまったのか?
を振り返りしっかりと理解して、改善することが大切です。
「好意のあるサインや態度」ってどんなものがあるのかを学んだり、年齢によって差があるのか?
男女ではどのように、どれくらい認識の違いがあるのかなどを良く良く考えていきましょう。
ここをしっかりと考えられるようになることで、今後の男女関係を円滑に進める上で大切だと思っています。
最後になりますが、「好意があるサインや態度」っていうのは、もちろん個人差があります。

その個人差を理解して、受け入れてこそ最適な恋愛ができるようになるのでは?と思います。
このサイトが少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク