好意のサイン LINE

LINEで見極める好意のサイン

スポンサーリンク

現代社会において、新しいタイプのコミュニケーションツールとしてLINEでのやりとりは若者の間ではスタンダード化されています。
男女共に、言動や行動に移ることが難しい恋愛においても、駆け引きにLINEを使っている傾向にあります。
気になる異性がいる場合には、好意を持って欲しいと願っており、その思う気持ちのサインは好意を持っていれば必ず、相手に対して分かりやすく発信しています。
好意のサインに利用されるのが、スタンプや画像を含め、ボイスやムービーなど、単なる連絡ツールという枠組みを取っ払った恋愛向けのコミュニケーションツールで、時として、奥手の恋愛にも利用されています。
スタンプや言葉の使い方次第で、友達から恋人に発展させることができるため、サインのポイントと言えるのが、異性に興味を惹かせたい内容であるのかです。

スポンサーリンク

例えば、気になる男子がいる場合、好意のサインとして遊び心ある伝え方にもポイントがあります。
男子は、好きと言う表現を上手く表に表すことに不慣れであり、特に草食系男子の場合には好意があっても、なかなか好きの2文字や、デートに誘う言葉をLINEで伝えきれない心情を秘めている傾向にあります。
男子はダジャレで笑いを交えることで、雰囲気を察してもらう作戦を取ることも心理的に挙げられている内容で、照れ隠しの中にサインが隠されています。
例えば、古典的なダジャレを文字で表している場合には好意はほとんどなく、大事な部分を絵文字に変えていることで遊び心がトキメキを生んでいます。
具体例として、今度2人で映画に行かない、と言う内容の誘い言葉では、行かない言葉の行か部分を魚介のイカの絵文字に変えて誘ってくる場合、照れ隠しの好意が存在しています。

スポンサーリンク