好意がある 話し方

好意がある話し方とは

スポンサーリンク

男性の多くに、好きな人ができるとその人に対する行動やサインとして話し方の変化が現れます。
職場の飲み会などで、好意がある女性がいる場合は、普段よく喋る人なのにずっと黙ったまま借りてきた猫の状態になってしまったり、好きな女性にだけ話や質問や面白い話をして気を惹こうと頑張っている男性もいます。
体育会系の男性ならば、ストレートに好きな女性にばかり話しかける人が多いようです。
テンションが上がっているので、声のトーンも高く、早口になり、口数も増えます。
草食系男子、シャイな男性ならば、好きな人の前では緊張してしまい、全く話さない人もいます。
ですが一般的に好きな人の前では、男女問わず、声が大きくなったり、音程がワントーンあがった話し方をする人が多いようです。
男性の場合、逆にクールさを出そうとして低い声で話す人もいます。

スポンサーリンク

好意がある話し方は人それぞれになるかもしれませんが、まとめると多くの人は緊張したり、テンションが上がると声の調子が上がってしまう事がわかっています。
もし意中の人と話す時、いつもと少し違って少し高いようなら脈ありのサインかもしれないです。
また、名前の呼び方ですが、下の名前を呼ぶと言うのは好意がある、親近感の表れになります。
女性慣れした男性は簡単に下の名前で呼んだりしますが、そういったタイプではない場合もっと親しくなりたいというアピールになります。
下の名前でなくても、あだ名や親しい人の間で使われる愛称で呼んでくるのならそれは好意があると思います。
もちろん人によって名前を呼ぶということはハードルが高いものですので、苗字で呼ばれるからといって脈がないとは限りませんが、話をしているときに名前を何度も言う場合は親しくなりたいという気持ちの現れになります。

スポンサーリンク