好意 気持ち悪い 病気

好意が気持ち悪いと感じる病気について

スポンサーリンク

生きているからには人との繋がりが重要になっていて上手く円滑に築いていかないといけないです。
でもそんな生きている中で誰かに好意を持たれたりすることが一度でもあると思います。
そんな好意を気持ち悪いと感じてしまい嫌悪してしまう病気がこの世には存在します。
何故気持ち悪いと感じてしまうのか、これは病気なのではないかと恐れる人も多々いると思います。
でも大丈夫です。
これは病気ではなくて自然なことで見知らぬ男性女性などに警戒心を抱くことは普通のことです。
誰でも自分の知らない、ましてや血のつながりもない人と関わるのは怖くて仕方ないことだと思います。
そんな人がわたしの気持ちとは裏腹に感情を抱いてきたらとても嫌悪するのも無理はないです。
では何故そんなことが起こるのか不思議です。
それは経験や体験昔の過去などが関係しています。

スポンサーリンク

人生は自分のものだからオリジナルに経験していることがたくさんあります。
そんな中で人と人との関わりが上手くいかなかったり、喧嘩したり、あるいはいじめられてしまった過去なんかあると思います。
そうした過去の中でもう誰かと関わるのは傷つくからできるだけしたくないと考えていると身体に拒否反応が出てしまい、しまいには心まで閉ざしてしまいます。
そういう反応が人間には備わっています。
ではどうしたら好意を心地いいものに変えることが出来るのか謎に考えてしまいます。
過去の経験を消すような出来事があれば気持ち悪いと感じなくなります。
そうすると、ちょっとしたことから人と触れ合ったり喋ったりして、人間は怖い生き物ではないことを身体に認識させます。
それが上手くいくとだんだんと笑顔が戻ってきて、人と関わるのが好きになります。
そうしたことを重ねていけば病気も治ってきます。

スポンサーリンク