おじさん 好意 気持ち悪い

おじさんの好意に対する気持ち悪い対処方法は

スポンサーリンク

親戚のおじさんなどの好意には、気持ち悪いと思ってしまう女性もいます。
親戚でありまして、嫌いな姿を示しにくい事も起きてしまいます。
古代の男性は、戦場や獲物を目で追いかける事を多く行っていました。
そのDNAが現在でも引き継がれている事もあります。
おじさんに限らず、男性は見る事の好きな生き物と言えるのです。
女性の方は男性よりも感情が強い傾向にありまして、男性の強い目線が強い威嚇として感じる事もあります。
その結果、おじさんの好意が気持ち悪い内容として映ってしまいます。
改善策はいくつかありまして、その一つに鏡を使う方法があります。
鏡を見せる事によって、自身の姿を客観的に見せる事ができます。
気持ち悪い内容を自覚できれば、態度が変わるかもしれません。
ニヤニヤしている姿の時に見せる事によって、自身が恥ずかしい姿を作り出していると自覚してもらう事も可能です。

スポンサーリンク

おじさんがいる中で、気持ち悪い他人の話しを行う方法もあります。
その内容が、あたかも自分に向けられている様な内容であれば、自覚を行って反省をしてくれるかもしれません。
最も望ましい方法の一つとしまして、気持ち悪い内容を改善してもらい好意が持てるおじさんになってもらう方法もあります。
太っている姿が気にいらなければ、ダイエットの本を紹介するのも良いでしょう。
モテるための、男性向けの本を紹介するのもお勧めです。
加齢臭が気になるのであれば、香水をプレゼントをして、良い香りに変えてもらう方法もあります。
最後は、経費としまして請求書と手間賃をもらえば、一石二鳥を得る事も可能です。
これらの内容は、両方に対してメリットがありまして、お互い好意を持つ事も可能です。
一般的に、相手を傷つけたくないために、何も起こさない様に我慢する事もあります。
これは、自身のみならず、第三者も迷惑を感じているかもしれませんので、早めに自覚させ対処する事が大切です。

スポンサーリンク