彼氏 好意 気持ち悪い

彼氏からの好意が気持ち悪い場合の対処の仕方

スポンサーリンク

人の気持ちとはいつも同じではないので、本当に心から好きでやっと付き合うことになった彼氏であっても、好きという気持ちがいつまでも続くというわけではありません。
しかしながら、いつでも好きというわけではないというだけで、嫌いになったわけでもありません。
自分から好きになっておいて、絶対にこの好きだという気持ちに変わりはないと思っていたのに、彼氏に対して気持ち悪いと思うことがあったとしても気にする必要はありません。
人はその時の体調に感情も左右されます。
特に女性の場合は周期的に恋愛体質になったりそうでもなくなったりするので、自分の体調や状況を冷静に判断する必要があります。
誰かと付き合うということは、いつもずっと一緒にいなければならないということではなく、適度な距離感を保つことも長く恋愛を続ける上で大事になってきます。

スポンサーリンク

もし、彼氏からの好意が気持ち悪いと思うようなことがあった場合には、その時の体調も考えてみて気にせずに受け流してみるのも一つの策です。
深く考えてしまうと、自分の気持ちに説明がつかない場合もありますし、受け流しておいて、あとから冷静に判断した方が賢明です。
一時的な気持ちの変化で破局を迎えた後に後悔する人が多いので、恋愛関係はなるべく壊さないで、長く続けていくためにどうすればよいか最善の策を考えることも人にとってはまた、勉強になり成長につながります。
彼氏からの好意が気持ち悪いと思ったときに、拒絶反応を示すよりも、自分がその人とつきあいたいと思ったきっかけなどを思い出して、相手に思いやりを持つように心がけると良いです。
人の気持ちは一定ではないので罪悪感など持つ必要はなく、気持ちの変化も前向きにとらえることが大事です。

スポンサーリンク