同僚 好意 気持ち悪い

同僚からの好意が気持ち悪いと感じたら

スポンサーリンク

誰でも好意をもたれるのは嫌な気分になりませんが、好意が行き過ぎてしまうと不快になる事があります。
このような事態を避けるためには、自分の姿を客観的に見て判断する事が重要です。
知り合いや友人に行き過ぎと指摘されたら、それは世間一般の常識から外れていると判断する事が大切であり、すぐに修正する必要があります。
もし行き過ぎをやめず行動がエスカレートしてしまうと、好意を寄せている相手から気持ち悪いと判断されてしまいます。
こうなると相手は壁を作ってしまい、通常よりも評価は下がってしまいます。
評価を下げるとライバルに取られてしまうため、自分の行動を常に把握して正しい方法でアプローチします。
そのためにも知り合いや友人の意見は貴重であり、何かしら意見を求めるのは有効です。
意見の中に良い方法が隠れている場合があります。

スポンサーリンク

好きになった相手が同僚であった場合、好意をストレートに表示するか様子を見るか判断に迷います。
ストレートに告白すればスッキリはします。
この場合、成功すればオフィスラブが待っていますが、そうでなかった場合は顔も合わせづらい日々が続きます。
様子を見ると選択した場合、相手の交友関係や恋愛事情をそれとなく探ります。
友人から恋愛への発展を希望するなら、交友関係の調査は必須です。
共通の趣味や話題から深い知り合いになり、少しずつ距離を縮める事ができます。
また特定の相手がいないか探りを入れるのは重要で、万が一いた場合はややこしい関係になってしまうので、事前にしっかりとチェックします。
同僚との恋愛は難しい面もありますが、成功すれば長い時間一緒に居られます。
気持ち悪い行動は避け、ハッキリと伝える方が気持ちを伝えられます。

スポンサーリンク