理系男子 好意のサイン

理系男子の表す好意のサインとは

スポンサーリンク

理系男子と一つにまとめる分け方をしましたが、この理系の中でも考え方は大きく違うことは当たり前にあります。
しかし、理系といえば論理的思考をする方が多いことでしょう。
好意のサインとしてもこの考え方を自身も取り入れることで相手の考えていることや求めていることなどが分かることもあるでしょう。
論理的思考とは単純に言うと物事を順序よく考えていくことが基本になります。
成り立つこと一つ一つを確認していくことで外堀を埋めていくような感覚です。
これがどのように好意のサインとつながるかというと、生物学的観点から見ると異性と触れ合うことがそもそものサインと考えることが出来ます。
生殖活動に必要な異性を気にするのは当然のことだからです。
理系男子の方の性格に依存する考えですがよく目が合うことや気にしている様子などの身振りがその証拠といえるでしょう。

スポンサーリンク

また、理系男子の特徴として男子の周りには男子が多いことが多いです。
これは人口比率によるところで大学の工学部などの男子の人数が多い学部ではそもそも女性が少ないことによります。
そういったことから理系男子は遊びに行くときや連れは男子とともにいることが多く、接する機会が少ないので好意のサインを察することは難しいとされます。
しかし、こういった状況だからこそ女性に話しかける男性はすでに興味を持っていて好意的にとらえることが出来ると言えるでしょう。
また、これは工学部だけの話に限らず他分野でも言えることでしょう。
逆に男性の目線では女性からの好意のサインは気づきにくい傾向があります。
理系男子は自分のしたいことや趣味など熱中していることを持つとそのことにしか気が回らなくなる傾向があります。
文系の方とは違った恋愛の方法を検討するのが良いでしょう。

スポンサーリンク