女性 好意のサイン 目

男性も女性も好意のサインは目に現れる

スポンサーリンク

好意のサインとして一般的によく知られるものは、見つめてくることです。
近くで見つめてくるのもそうですが、遠くから見つめてくることもあります。
視線を感じると思いそちらを向いた時に、相手がはにかんだりしたら好意のサインであることは間違いないといえます。
しかし人によっては好意で見つめてるのに、視線が合うと逸らしてしまう人もいます。
それは恥ずかしいという気持ちの現れで、逸らしてもまた見てくる場合は好意である可能性が高いといえます。
女性も男性も目で訴えることをしますが、特に男女間ではそのサインが分かりやすいものになります。
男女間でなくても友好的な意味合いや単に好きな場合も、人は見つめます。
人が感覚の中で一番頼りにするところは視覚なので、視界に入れたりじっと見つめる場合は好意的な意味であることが多いのです。

スポンサーリンク

人は好きなものをよく見て、嫌いなものは視界に入れないという心理的な動きがあります。
しかし人は警戒する存在に対してもよく見る傾向があり、それは害されないように警戒する存在を観察しているのです。
他にも好奇の目というものがありますが、好意なのか好奇なのか警戒なのかは態度や言動で分かると思います。
目は口ほどに物を言うという言葉があるように、人が表現したり何かを感じる際に目は大切なものとなっているようです。
また、女性は好意のある人へ話しかける時に相手のことをよく見る傾向があり、男性は好意のある人の話を聞く時に相手のことをよく見る傾向があるそうです。
女性は自分を知ってほしいという好意の現し方で、男性はこの人の話は聞きたいなという好意の現し方になるようです。
シャイな人である場合は視線を合わせることが困難になる場合があるので、性格も含めて目の様子を観察してみると良いと思います。

スポンサーリンク