女性 笑う 好意

女性が、好意がを持った男性に笑うとき

スポンサーリンク

昨今、特に10代から30代までの若い女性は、40代以降の人に比べ、恋愛に積極的で、自分の好意をストレートに相手に表現できるようになっていると感じます。
男性の草食化により、彼女のいない若者が昔より増えていて、その理由の一つに男性の経済力の低下あったり、女性の社会進出のための男性化(経済的、精神的)などがあげられます。
現代の女の人は、自分の欲しいものは自分で手に入れるすべを知っています。
それは仕事でも恋愛においても、積極的に努力すれば手に入る権利があること、実現可能な事が多いと知っているからその方法も身につけているのです。
そして、世間の情報も入手するのが早いです。
それを有効に取り入れて武器にするのです。
恋愛の世界では、今や女性の方が一歩リードしているのかなとさえ感じています。
では、具体的にはどのような態度で男性に好意を示すのか、笑うという行為はどういう相手に向けられるものか、考えてみます。

スポンサーリンク

芸能人は歯が命、と昔よく聞いたフレーズを思い出しました。
芸能人に限らず、一般人でも歯を見せて笑っている人はそれだけで目立ちます。
笑わない人に比べて、笑顔が多い人っていうのはそれだけで場の空気も和ませることができるし、誰に対しても好印象です。
そして相手の目をしっかり見て笑顔で話せる人は、男女問わず引き付けられます。
笑うという行為は相手のことが嫌いだと、自然には出てきません。
相手のことが好きだからこそ自然な笑みが出てくるものです。
では、笑顔を女性から向けらせた時、それが恋愛対象としてのものなのかどうか、どのように確かめたらいいでしょう。
年齢が若いほど、それは態度で示している気がします。
女性は恋愛対象になる男性には告白もするし、また告白してもらえるように態度で示します。
そうでないと、振られるのが怖い臆病な男性陣には伝わらないし、恋愛がスタートしないからです。
極論、好きな男性には目で合図しています。
目は口ほどにものを言う、まさにそれに当てはまります。

スポンサーリンク