好意があるのに メールしない

好意があるのにメールしないケースもあります

スポンサーリンク

好意がある事がわかっている状態でも相手からメールがこないケースも多いです。
また、好意があるけれどもメールは極力しないと断言する方も多いです。
メールの機能は簡単に相手に連絡をとる事ができるため、重宝している方も多いですが、なかにはメールが苦痛に感じる人もいます。
そのため、簡潔な返事しかできない方も多く、返信を考えていて上手く文章にならないためにメールしない選択をする方もいます。
そのため、相手に好意があるのにメールの返信がないからという理由だけで好きでいる事を諦める必要はありません。
その為にも、相手がまずはメールをする事が苦痛ではないかを前もって確認しておく事で不安も解消されます。
メールのアドレスを知っているという事は、事前にアドレス交換を行っているわけですから、その時にメールの頻度についても確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

また好意があるのにメールしない理由の一つとして、敢えてメールしないケースもあります。
いつまでも安心しきっていて、交際に踏み出す事ができないという状況を打破する為の作戦の一つとして、急にメールしないという選択を取る方もいます。
その時には、電話などで対応するようにすると良いでしょう。
急にいつもきていたメールがこない場合、不安になってしまい、相手が自分にとって大切な存在である事を認識する機会を得る可能性もあります。
そのため、状況を落ち着いて考えて把握してから行動に移す事が重要です。
相手の友達とも交流がある方は、メールの件に関して不安に思った時には聞いてみる事も一つの方法です。
友達にもメールをしない方の可能性もありますので、確認できるようであれば確認しておく事で、連絡の方法をその都度考えて実行する事ができるからです。

スポンサーリンク