好意を持たれる 意識する

他人に好意を持たれると意識する深層心理

スポンサーリンク

人間誰しも、自分に好意を持たれると悪い気はしません。
よほど嫌いな相手でない限り、意識するのが普通です。
目が合うと、いつもにっこり微笑んでくれる人に対して、少し気になったりもします。
なぜ自分に微笑んでくれるのだろうか、他の人にも同じ事をしているのだろうかと、意識するようになります。
営業やサービス業などで、愛想のいい社員が好かれるのは、客が自分を大事にしてもらったと、良い気分になるからです。
接客業の場合、客に好意を持たれる事で、次の来店があるかどうかが決まります。
売り上げに直結するから、営業スマイルをしているのです。
これは、笑顔を見せる事は、相手に良い印象を与えるという心理を利用しています。
一般社会でも、気になる人がいた場合、相手に好意を持たれる為には、やはり笑顔で接するのが一番です。
逆に、自分の身の回りに営業ではなく、話していると気分が良くなるという人がいれば、その人は間違いなく自分に好意を持っています。

スポンサーリンク

会社の同僚や学校の同級生など、普通の会話が出来るような立場なら、特に意識する事なく、仲間としての挨拶の意味で会釈する事はあります。
単なる仲間と、特別な人に対する態度の違いは、無意識にしてしまう行動でわかります。
人は好きな物や人を目で追う傾向があり、好きな人に対する視線は嘘をつけません。
一日に何度も目が合うという人がいれば、その人は自分に興味を持っているのです。
また、趣味や休日の過ごし方を聞かれる場合も、相手が自分に興味を持っています。
嫌いな人の趣味などには、誰も興味がないからです。
そして自分の話をニコニコして聞いてくれると、いつしか心も開いていきます。
好意を持たれる態度をされると、心地良くなるからです。
人が他人に好意がある事を示す場合には、話しかけたり、態度、表情で伝えようとします。
話している相手がいつも笑顔で、話していない時でも視線を感じる場合は、自分に好意があるサインです。

スポンサーリンク