好意を持たれる めんどくさい

好意を持たれるとめんどくさい人

スポンサーリンク

人は生活していく中でいろんな人と関わったりします。
学生は学校の仲間と関わったり、社会人は仕事の仲間と関わったりすることが多いと思います。
習い事や友達の友達といった交友関係も増えていくと思います。
そんな中で一緒に過ごしていくうちに好意を持たれるということが度々あるかと思います。
好意を持たれると普通なら嬉しいことですが中にはめんどくさいと感じる方もいます。
そういう人は、愛されて育った人に多いことだと感じます。
愛されて育つとたくさんの愛情を感じ取り、自分のキャパ以上を超えるとめんどくさい、うざいなど感じます。
好意というものは自分にないものを相手が持っていて、尊敬にも似た感情だと思います。
人を好きになることはおかしなことではなくとても素敵なことです。
でもその好意をシャットダウンされてしまっては元も子もないです。

スポンサーリンク

逆に好意が嬉しいと感じる人はどんな人がいるのか気になります。
愛情を小さい頃からあまり与えられなかった子供や、人間関係を上手く築くことが苦手な方が人の好意を嬉しいと感じます。
愛されるのになれていないと少しの好意でさえ幸福に感じ、天にも踊るような気持ちになってしまいます。
でも度が行き過ぎると、好意をくれた相手が手のひらを返してしまった時に憎しみが産まれ、ストーカーを働いてしまうなんてことも聞いたことがあります。
そうならないためにも節度を持った行動と気持ちが何よりもの申します。
告白された時なんかでも、断ってもしつこく何度もアタックしてくる人もいます。
そういう人は先ほどとは違ったケースだけどめんどくさいと感じることもあります。
何事も行き過ぎると別のものになっていい印象は与えないので注意して生きることを心がけるといいです。

スポンサーリンク