好意を持たれる 意識する

好意を持たれることで相手を意識する心理について

スポンサーリンク

好意を持たれることは交際するにあたって初めの段階になります。
男性と女性のどちらかが相手に好意を持ち、アピールをすることで次第に意識するようになり交際に至る例は比較的に多いです。
相手から好きだという言葉や行動に心を動かし、好意のある異性として意識するようになるのが多いとされていますので、思いを伝えるのが苦手な人は一つ勇気を出して行動することが良いとされています。
その時の自分の立場や状況によっては難しい場合もあります。
好意を持っていると相手に伝えようと行動する場合、どのような行動をとるのか紹介します。
まず、好きな人の視界にいることがほとんどであり視線がよく合うことが挙げられます。
これは好きな人がどのような行動をしているのかなど姿を見たいと思う気持ちから自然と視界に入る距離にいます。
そしてよく姿を追って見ているため視線も合います。

スポンサーリンク

お互いの視線が合い、すぐ逸らしたり逆に笑顔になったりと反応があります。
この時好意を持つ側は幸福な気持ちとなり、もう片方の人は相手とよく視線が合うことに疑問をもちます。
この疑問を抱いたときに、相手から好意を持たれているかもしれないと次第に考えるようになります。
この視線をよく交わすだけでよく見られていることがわかり、好意を持たれることに繋がって考えますので段々と意識するようになります。
そして、他に連絡を頻繁にとっていることです。
知り合って親しくなると連絡先を交換します。
交換した後に、友人として楽しく連絡を取り合い続けていくうちに複数の人数で遊ぶのではなく、二人きりで遊ぶ話になると好意を持たれている可能性が非常に高いです。
お互いの連絡をとりあう内容から、好意のある表現が多い点があると更に可能性が高いといえます。

スポンサーリンク