年下男子 好意

好意なのか恋愛感情なのかを見抜ける年下男子のサイン

スポンサーリンク

社内恋愛は難しいと言われています。
それは職場という公の場で、恋愛という私的なことが成り立ちにくいからです。
そのため社内恋愛がわかると、女性の方が退職するケースが多いです。
または男性の方が職場を変えられることもあります。
しかし公の場であろうがなかろうが恋愛感情は生まれるもので、誰にも止めることはできないのです。
職場のOLにとって気になるのは、新入社員や異動でやってきた年下男子です。
新しい職場で仕事の内容がよくわからない年下男子が頼りにするのは、先輩OLです。
手取り足取り教えている間に恋愛感情が芽生えることはよくあります。
ただし女性にとって注意が必要なのは、年下男子の好意が恋愛感情に基づくものなのか、単なる好意なのかわかりにくいことです。
それを見極めるには、年下男子の態度やサインを見抜くことです。

スポンサーリンク

年下男子というのは年上の女性に姉のような親しみを感じます。
それが好意となって表れることはよくあることです。
好意ではなく恋愛感情に基づく感情かどうかを知るためには、リラックスした雰囲気が必要です。
例えば職場の飲み会などではお酒の力もあって、彼の本心が出やすくなります。
年上の女性が好きだというような意味のことを話したら、それは恋愛感情の1つです。
年上の女性が好きという一般的な話をしながら、実は自分の思いを間接的に打ち明けているのです。
また職場で二人きりになった時など、ふとタメグチを使う時にも恋愛感情のサインです。
リラックスした時に本心が出てしまうわけです。
また2人で共同で仕事をすることになった時、彼の方がムチャクチャ一生懸命に仕事をする時にも恋愛感情がある証拠です。
好きな女性のために一生懸命やるのは、男性の恋愛サインの1つなのです。
このようなサインに気がついたら、女性の方でも積極的に話しかけたり、食事に誘ったりするべきです。
それによって2人の間の障壁が取り除かれて、大人の男女としての恋愛に進むことができます。

スポンサーリンク