好意を持たれる 断る

好意を持たれる時と、断る方法

スポンサーリンク

人生は長いようで短く健康寿命も決まっていて限られた時間の中で過ごさないといけないです。
でもそんな中で必ずと言っていいほど人と関わる必要があります。
店で何かを買ったりする時もレジの人とコミュニケーションを取ったり、会社や学校でも友情や絆を築いていかないといけないです。
そんな中で人生を過ごしていくうちに好意を持たれることがあります。
好意を持たれると嬉しくてたまらなくなりますが、もう恋人がいたり好きな人がいたら断る方法が待っています。
どうやって断ればいいのか、相手を傷つけてしまったらかわいそう、人間だからという気持ちを考えてしまいます。
ではどうやって断ったら後腐れなくそのあとも円滑に過ごせるような方法があるのか知りたくなります。
告白するのも勇気がいるけど断るのも勇気がいります。
世の中勇気でできています。

スポンサーリンク

上手に断る方法はどんなものがあるのか、でも上手に断る方法なんてハナから存在しません。
やっぱり相手の人は小さかれ大きかれ傷つくことがあります。
でもどういう断り方があるのかいくつかの方法があります。
まずは率直にごめんなさいと断る方法です。
飲み会やデートに誘われた時でもズルズルと流されないようにその都度きっぱりと断れるようにするのが吉です。
そうすると相手が察して誘うのを控えてくれるようになります。
それでも効果がないのなら、二人きりではあまりいたくないことを伝える方法もあります。
相手から二人でいたいとか二人で会いたいとか言われても、それはできないとお断りして、会うのであれば大勢やみんなを誘って会う方法があります。
ここまですると相手も人間ですから察してくれて諦めてくれます。
傷つくかもしれないけどこうやって断りをいれるのが1番いい方法です。

スポンサーリンク